適応障害の経過をまとめよう!~初期症状編~

こんにちは!

 

現在適応障害で休職中です( ノД`)

 

本日2週間に一度の診療に行ってきました!

 

身体共に回復傾向です!自分でもよくわかります!

 

現在は、人と接することを未だに拒む傾向で、人と話すことが電話であろうとも凄い疲労感に襲われます…

日常生活で人と話すことは多々あるものの、脳はきっとフル回転で瞬時に判断し、対応をしていたのだと今でこそ思います!

 

当たり前のことが、当たり前のように出来ることが、思っている以上に難しいことだと改めて感じさせられました!

 

 

そこで、適応障害になり、これまでの『仕事』『体調』『心』の3つに分けて変化をまとめてみようと思います!

 

適応障害診断2ヶ月前!

f:id:moana0001:20171110133248p:plain

人事異動になり、新しい部署での業務に関しては、重要な役目でもあり、高いモチベーションで遂行しておりました!

しかし異動後、別部署の上司によるイジメから約2ヶ月ほどを自分のペースで乗り切っていたのですが、そこから適応障害の診断を下されるまで2ヶ月前の状況は私の場合こんな感じでした・・・

 

【仕事】

・期日のある業務が思うように進まない!

・これまで出来ていた仕事ができない!

・社内外へ連絡をする頻度が極度に減る!

 

上記のような症状というか、現象と言うかなのですが…当時は仕事が出来ていない自分に対して不甲斐ない思いを受け入れられずに、毎日毎日、自分を戒めながら、何とか業務を騙し騙ししてきたという状況でした…

今思えばですが、既にこのころから歯車が狂い始めてきたと感じています…

 

【身体】

・肩こりが異常なほどつらい!

・頭痛が継続的に続く!

・夜になると寝れない!

・朝になると嘔吐が!

 

特におかしいぞ?と思ったのが肩こりでした!

歩くのでさえも辛くなるほどの酷い肩こりが常に襲い続けます…

これまで肩こりを訴えることはほぼ無かったのですが、歩けずに座り込むほどの症状が出てきました!

 

【心】

・仕事場にいるのが嫌になり始める!

・退職を考え始める!

 

心に関しては、このころあまり意識はしておらず、身体に起こり始めた異変と仕事ができない自分への苛立ちが大多数を占めていました!

まさか…仕事人間でもある自分が、仕事で心を病むなどとは考えもしなかったので…

 

心療内科への受診後!

f:id:moana0001:20171110132703p:plain

ある日いつも通り仕事場に行くと…激しい頭痛が襲います!!

ここで人生初めての早退をしました!

そして数日後の朝に、嘔吐と激しい頭痛から、自分の身体への異変に気付き…病院へ行こうと思い立ちました!

そこで遂に自分が適応障害だろうとの診断が下されます…

 

【仕事】

・上司へ診断を報告し、休職を即日お願いしました!

・残した業務が頭から離れません!

 

休職をしたものの、自分が残している業務が気になり、日中の時間をほぼ仕事のことを考えていました…

 

【身体】

・頭痛、嘔吐、不眠は継続していました!

・何もやる気が起きずにダラダラと過ごします!

 

身体は直ぐに改善することはなく2週間ほどは症状が緩和することなく続いていましたが、徐々に症状は緩和されていったような気がします!

 

【心】

・やり残した仕事に対して、仲間への申し訳ない気持ちがこみ上げます!

・外出を極度に嫌い、週1回の心療内科への受診のみ!

・人との関りを断絶!

・家族とも話すことは必要最低限になる!

 

会社の仲間から心配の連絡などが来ますが、一切応対をすることなく全ての連絡を遮断しました…

妻も心配はしているものの、以前から様子がおかしいことに気付いており、ダラダラ過ごしていようとも何も言うことはありませんでした…

 

【医師の指導】

・何もしなくていい!

・今の環境から離れることに専念!

・しっかりと休んで体調の回復をすること!

・仕事は誰かがやるから心配しなくてよい!

 

今はしっかりと休むように!だけでした…

ですが、仕事は誰かがするから心配しなくても大丈夫!これが自分が一番の心配事だったので、救われた一言となりました!

 

私の場合は比較的早期の受診により、症状含めて軽いのだろうと思います…

もっと苦しんでいる人たちや、現在も苦しみながら働き続けている人たちもいることだろうと思いますが、自分がなるとも考えていなかったので、誰しも可能性があることだろうと思いますし、頑張っている人ほどなりやすいのかもしれません!

 

是非、自分の異変に気付いたならば早めの受診をお勧めします!

 

 

後編へと続きます(笑)